老人ホーム・特養・デイサービス・介護福祉士・ヘルパー・ケアマネ

介護施設・在宅介護・介護用品

介護施設も地域への奉仕・地域還元で 共存することも大切です。地域の人が介護施設を利用することもあるんだし

シェアブログ326に投稿 ★★ 最新記事 へ★★

受付嬢
介護施設というと・・・・特別養護老人ホーム(特養)・老人保健施設(老健)・有料老人ホーム・グループホーム・デイサービス・地域密着型小規模多機能介護施設など、色々な形態があります。

大規模な介護施設であれば、田舎に独立して建設されることが多いようです。

100人以上を収容できる、特養・老健などは町から外れた、山のふもとや田園地帯に、忽然と存在している施設が多いものです。

介護施設自体の建物も大きいし、介護職員の為の駐車場なども大きな敷地が必要です。

介護施設の入所者(利用者)が100人くらいだと、介護職員が30〜40人程度だし、看護師・管理・事務などの関連の職員や、食事を作る人たちもいますから、職員だけでも50〜60人程度になってきます。

介護施設の周りには人家が少ない場合が多いですけど・・・・また、グループホームなどは、住宅地にあっても、気付かないこともあります。

介護施設自体が、社会から隔離された状態だし介護施設の入所者(利用者)も、地域の人たちとは限りません。(法律の解釈によって、地域外の人の利用も簡単です)

どうしても、地域のコミュニティから隔離された状態になってしまいます。

しかし、高齢社会になって介護施設も地域に貢献するものであることが望まれるようになってきつつあります。

逆に、地域の人々との交流、地域の人々のボランティアなどによる協力も、介護施設にとっては取り入れたいものです。

現状では、介護施設に地域の人との交流を取り入れている施設は、少ないようですけど・・・・

介護施設に入居している高齢者は、認知症・麻痺・寝たきり状態などの、家庭での在宅介護から見放された人!! 在宅介護では対応できない人たち!! 高齢者の姥捨て山状態!!

逆に言えば、家族の力を借りれない高齢者が、非難してくる避難所みたいな意味もあります。

介護施設に限らず、会社・企業の存在意義は社会貢献も大切な要素です。

民間企業であれば、利益を上げて税金を払うという!社会貢献は最低条件!!(赤字決算で法人税を納めない企業は存在意義はありません)

介護施設にも同様のことが言えますが、利益を上げて法人税を納税している介護施設って、少ないですし、法人税も小額しか納税していないのが現実です。

法人税を納税しない、介護施設の存在には意味が無い? 法人税を納税することが、民間企業の宿命です。

税金を納めないなら、違った形での社会貢献・地域還元が必要ですね。
ペット
介護施設は存在自体が社会のニーズに合ったものですけど、地域にとって望まれる施設ではないという現実があります。

介護施設の運営は、社会福祉法人・医療法人などが大半ですから、利益を追求する民間企業と同列に並べる事はできないですけど・・・・・

有料老人ホームなどの場合は、運営主体が民間企業場合が多いですから、利益追求型の介護施設といえます。

介護施設は、介護の人材不足介護職員の離職に注目が集まりがちですけど、地域還元や地域貢献という視点でもとらえてみたいものです。
★★ 介護の話題は TOP PAGE からどうぞ ★★

ブログランキングに 応援クリック お願いします
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログへ

高齢化社会&高齢社会

高齢者の住まいはケアハウス!介護が必要になった時に困るけど・・・・

シェアブログ326に投稿 ★★ 最新記事 へ★★
ケアハウスという暮らし方
受付嬢
ケアハウス! 正式には「老人福祉法」によって作られる「軽費老人ホーム」ですから、介護施設と違って介護サービスがついているわけじゃないけど・・・・

介護付ケアハウス」というと介護施設になりますね。

「老人福祉法」に基づいて作られるが、ケアハウスや特別養護老人ホーム(特養)ですし「老人保健法」に基づくのが、老人保健施設(老健)ですね。

管轄する法律が違うし、介護の内容も違いますけど、現実は同じようなものですね(事業仕分けの対象にならないのが不思議!)

ケアハウスと言っても、施設の名称にはケアハウスという呼び方が無い施設が多いようですね。 

特養の介護サービスが無い施設がケアハウスといえるかも・・・・

ケアハウスを簡単に言えば、「食事」「入浴」「見守り」などのサービスがあるワンルームマンション!

1部屋の広さは21.6u以上ですから、都市部のワンルームマンションより広めですね。

都市型ケアハウスは少し狭いですけど・・・・

ただし、食事は食堂で摂るし浴室は共同風呂ですね。

介護付きケアハウスというと、介護職員が常駐しているし、介護なしのケアハウスの場合は、訪問介護を受ける形になります。

ケアハウスは60歳以上であれば誰でも入居できますね。 自立した生活をする為に、比較的に要介護とも低めです(要介護1〜2程度)
ペット
高齢者の1人暮らしにはケアハウスは理想だけど、問題は要介護度が悪化したり、認知症が悪化した場合は退去させられる事です。

特養も待機者がイッパイだし、ケアハウスからは退去を要求されるし、介護難民状態になってしまいます。

介護認定認知症レベルの認定などでは、介護者の有無などは検討材料になっていない! 同じ要介護度でも、家族と同居している場合と、1人暮らしでは条件が違うはずですけど・・・・

しかし・・・・ これが 法律なんです。

ケアハウスで、一生を終える事はできないから、退去を要求された時の事を考えておかなければならないのが、ケアハウスの見過ごされがちな問題点!!

特養なども要介護度が高い順に入居者を選んでいる傾向があります。要介護度が高ければ、介護報酬も高いし・・・・

理屈だけで言えば、高齢で1人暮らしが辛くなったらケアハウス!! ケアハウスで要介護度が重度になったら特養!!というように、繋がっていれば良いんですけど・・・・

高齢者介護施設と言っても「老人福祉法」「老人保健法」と2つの法律があるし、ケアハウスと介護施設との連携などは不十分だし、お役所の縦割り行政の影響が現れています。

テレビなどでは「幼稚園」と「保育園」の問題が取り上げられていますけど、介護施設の問題も早急な見直しが必要ですね。

ケアハウスと介護保険あなたは「ひとり」で最期まで生きられますか?

★★ 介護の話題は TOP PAGE からどうぞ ★★

ブログランキングに 応援クリック お願いします
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログへ

介護の日々の出来事

「上から目線」の介護です。要介護者は弱者であり介護者は強者?

シェアブログ326に投稿 ★★ 最新記事 へ★★
 介護予防に〜 歌でコミュニケーション 福祉音楽80曲【改訂版】
特養ホームからの手紙
受付嬢
人の立場を示す言葉に「上から目線」「下から目線」という表現があります。

介護が必要になった人間は弱者であり、介護をする人は強者なのか? 強者は弱者を上から目線で見ている・・・・人間の本能です。

要介護者を弱者として、哀れみの目線で見ていないか?????

介護の技術があって介護作業は上手でも、裏では文句や陰口を言っていないか??

介護職員と言っても様々の人間がいるし、慈悲の心を持った偉人でもないんです。 介護の技術があっても、裏では陰口や不平不満を言うのは仕方ない事ですけど・・・・

すべての職業において自慢できる人は、ほんの一握りの人たち。 一流企業の管理職の人たちくらい・・・・仕事をするに当たって、誰でも、満足感と同様に不満を持っているものです。

介護の場合は、不平不満・陰口を言う事でストレス発散になればいいけど、イジメ虐待に繋がりやすいと言うリスクがあります。

介護職員が介護施設の入居者(利用者)に対して、イジメ虐待をするということは、上から目線・強者目線で見ていると言う事です。 単純に言えば、弱い者いじめ!!

人間だけでなく動物でも自分より強い相手には従ってしまうと言うのは本能の1つ!! 大きな悪に立ち向かう正義の味方!!と言うのは幻想ですね。

理想と現実は違うし、理想は高くても向かい合うのは現実の姿です。(介護は高齢者を敬い人間らしい生活をサポートする事!だけど、介護は生活する為の収入が目的)

ボランティアは理想だけどボランティアでは生活できない! ボランティアをするには、生活にできた余裕の範囲でやる事! 余裕のない人にボランティア精神を求める事自体がおかしな話!

「上から目線」は「母性本能」と似ている。

子供を守りながら育てる事は母性本能! 女性なら誰でも母性本能があるの?
ペット
幼児虐待などが増えている事を考えると、母性本能も変化しているようですね。

介護は女性のほうが適性がある!と言うのはまったくの誤解に過ぎません。

母性本能は行き過ぎると、イジメ虐待に繋がりやすい・・・介護施設でイジメ虐待のがあった場合、ある傾向があります。

イジメ虐待の多い介護職員の性別・年代別を見てみると・・・・

20歳代の男性介護職員・20〜30代前半の女性介護職員に多いようです。 更には、学校を卒業して介護の仕事を始めた人たち(他の仕事の経験がない人たち)に多いようです。

介護の業界は一般企業と違い、年齢構成が特殊! 人付き合いも限られているし、介護の対象となる要介護者との年齢差は、50歳程度あるし・・・・一般企業では考えられない事ともいえます。

自然と上から目線で見てしまうのも仕方ない事かも・・・・上下関係・年功序列という、企業の仕組みを経験する事は人間形成の上でも必要では???

介護職員だけでなく介護行政も、要介護者を弱者として、上から目線で見ているのも現実ですね。

上から目線で見れば「介護は誰でもできる簡単な仕事」に見えてしまうから、待遇改善には繋がりませんね。

都市部と地方で介護職員の賃金格差があるのも不自然! 都市部と地方では、要介護者の生活権の価値が違うの?? 人間の命の価値にも都市と地方では価格差がありますね。

風の歌を聴きながら

★★ 介護の話題は TOP PAGE からどうぞ ★★

ブログランキングに 応援クリック お願いします
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログへ



Powered by Seesaa
探偵社/興信所ならプライベート・シャドー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。